日経225先物

日経225先物取引の知識について ~日経225先物取引とは?、日経225先物の取引方法、日経225先物取引のポイントなど~
日経225先物入門ガイドについて

日経225先物取引の情報を扱っています。日経225先物のトレード手法、日経225先物と日経225ミニの比較、チャート分析、トレード方法比較、情報収集など、日経225先物取引の基礎知識・ポイントを丁寧に解説。日経225先物に慣れてきたら、システムトレードの解説や、日経225先物取引の利益として、日経225先物取引のデータ等を紹介していますので、これらを参考にしてさらに賢く取引していきましょう。

日経225先物入門ガイド 新着情報

年金問題などのニュースなどの影響からリスクを取っても資産運用をおこない、自分で資産を増やさなければと思うかたがどんどん増えてきているようです。バブル崩壊後、一時期投資が落ち込んだ日本株式にもふたたび活気が戻ってきています。インターネットでの取引が可能になるなど、株式取引システムの利便性も向上しています。そのような中で最近、注目を集めているのが、「日経225先物取引」です。

「日経225先物取引」は、一言で言えば日経平均を、株のように取引するというものです。日本株には、「信用取引」という証券会社から、資金・株券を借りた売買の方法があり、「日経225先物取引」においても、これと似たような取引ができます。ある特定の期日(これを満期日と言います)に、日経平均株価指数を、現時点で決められた約定金額で取引することを契約するという仕組みになっています。

日経平均が下がっている局面で買い、そして購入時より値が上がった時に売るという簡単な方法です。また、信用取引のように、売りから取引することも可能です。そのため相場が下げている局面でも、利益を狙った取引を始めることができます。個別銘柄に集中投資するのではなくて日経平均(東証1部に上場している銘柄の中から選別された株価の平均)に投資をおこなうため分散投資ができます。また、値動きを追いやすいというメリットがあり、個別株のリスクである企業の倒産というリスクも極めて少ないと言えるでしょう。

日経225のチャート(5分足)を、過去5年分ぐらいまで遡って調べたいという場合もありますよね。最近のデータは、証券会社のシステムでみれる場合もありますが、昔のデータというものはなかなか入手できないという場合もあります。投資家であればデータは不可欠となりますので、きっとお金をはらってでも買いたいというかたもいますよね。もちろん無料で入手できれば一番よいとおもいますが、なかなかそうもいかないことも多いと思います。

日経225の日中の動向に注目している場合に、やりはじめてから5分足チャートを毎日データを保存しているというかたもいるとおもいます。こういった状況でこまっているときに役に立つのはインターネット上の質問コーナーです。gooやYahooなどの検索サイトで提供しているサービスですが、ほとんどの方が丁寧に答えてくれるとおもいます。自分がこまっていて誰に聞いたらよいのかわからない質問事項などがあった場合に活用すると良いと思います。

実際に、過去のデータは最近のものでないと証券会社のシステム上に表示されなくて、できれば過去5年分の日経225のデータが欲しい方がいてどこかで購入することはできますか?というような質問をしたところ、情報をもっているかたが自分が知っているサイトで6年分の5分足のデーターが無料で手に入いることを教えてくれたようです。名前とメールアドレスを入力すれば、パスワードのメールがすぐに届いて前場や後場、日足などの情報の手にはいるとおしえてくれたようです。

日経225先物のシュミレーター(http://trade-225f.net/)の、基本機能は同じような日足パターンを描いた日の値動きデータをデータベースから抽出します。そして時間帯別にその傾向を集計します。分析もおこない表示をしてくれます。しいていえば天気予報のようなものだとおもいます。気圧配置や風速・温度・湿度、その他の情報で似たような日は天気の推移・変化が似てくるというわけです。これを時間帯別に統計を取れば天気予報になりますよね。相場の天気予報士は上がるか下がるか、またこう着しているのかを時間帯別に表示してくれるということなのです。

こういった情報だけではないのです。天気予報データがあるなら買いで仕掛けた場合と売りで仕掛けた場合のパフォーマンスをさらに正確に分析できるとおもいます。シミュレーターはいくつかの代表的な手法で仕掛けた場合に、その勝率やパフォーマンスも表示してくれます。上昇する確率が高い時間帯に買いを仕掛けると勝つ可能性が高いです。と教えてくれます。そして売りを仕掛ければ負ける可能性が高いというように表示されるわけです。

これは、データによる分析なので大雑把ではなくて細分化された時間帯ごとのデータになります。シミュレーターがあれば、ベテラントレーダーが膨大な年数、そして試行錯誤をしながら蓄積をするデータを初心者のかたでも何のリスクもなく手に入れることができます。こういった情報はインターネット上でもたくさん得ることができますので自分にあったシュミレーターを探してみてはいかがでしょうか?

日経225先物はハイリスクでもありハイリターンの商品といえます。市販の本や宣伝のホームページなどをみてみると日経225先物投資のリスクの部分についてはあまり触れられておらず、先物の場合は少ない証拠金で大きな利益が得られるということばかりが取り上げられていることも特長です。けれども、先物取引は間違った投資をおこなうとわずか数日でも資産のほとんどを失いかねないとても危険な投資だといえます。

ただ、日経225先物はルールを守って勝てるときのみの投資方法に撤しながらシステムトレードを行っていけば大きな利益は得ることができなくても、確実な利益は得ることも可能なのです。会社によっては、独自システムトレードによって大きな利益が得られなくても勝率の高いシステムトレードを構築しているところもあります。日経225先物システムトレードのコンセプトの場合はいかに損失を少なくするかによってシステムトレードに利益が自然とついてきます。損を減らせば利益は増えるということなのです。

エスエーシステムが考えているコツコツ儲けるコツですが、まずは持越しはしないということです。そして大儲けを夢見ないこと、ロスカット設定は必ず行うということ、相場の動きに従うこと、場中の成行注文はしないということです。詳しいないようについては「safe225システム占い」から確認することができます。日経225先物システムトレード-「safe225システム占い」は、コツコツと利益を出せるシステムトレードとして開発されたシステムです。このシステムトレードでは一日に1~3回だけ、勝率が高いときのみ占いとして検出されており、全てデイトレードでの取引となります。

日経平均先物を予測しているマッキーの225トレード倶楽部(http://www.kdm.jp/kabu/index.html)というウェブサイトがあります。毎日更新されているようなので株式市況などをチェックしたいかたにはおすすめです。日経225先物や225mini、寄り付き前外資注文動向、各種データ置き場のデータリストなどのコンテンツがあります。225先物の4本値他(日足データ)やTOPIX先物の4本値他(日足データ)などを無料で公開しています。

メンバー限定向けのコンテンツには「225ラージ日中取引」の4本値(始値,高値,安値,終値)+出来高+VWAPや前場・後場・終日の始値,高値,安値,終値,出来高、5分足基本データ、5分足同一スケールチャートなどがあります。他にも「225ラージ イブニング・セッション」の4本値(始値,高値,安値,終値)+出来高や5分足基本データなどもあります。

「225ミニ日中取引」の4本値(始値,高値,安値,終値)+出来高や前場・後場・終日の 始値,高値,安値,終値,出来高、5分足基本データ、「225ミニ イブニング・セッション」の4本値(始値,高値,安値,終値)+出来高、5分足基本データ、5分足同一スケールチャートなどもあります。また「TOPIX先物」の4本値(始値,高値,安値,終値)+出来高+VWAP、5分足基本データ、前場・後場・終日の 始値,高値,安値,終値,出来高などもあります。